上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.30 嗚呼久しぶり
『あ・・・・・・』
「・・・・。」
『サ・・・ヴァン・・・・・・?』
「・・・・・。(嗚呼・・・・一番会いたくなかった・・・・)」

ふるふると自分の手を握りしめて震えている少年、
今にも深いため息を零してしまいそうな紳士、


「君には悪いと思っている。しばらくは失礼させてもらうよ、」


その一言を吐いて本当に風のように消えてしまった紳士。


『僕はこんなにも待ってたんだ、サヴァン知ってる?』
「・・・・。」
『こーんなにこーんなに待ってたんだよ?』
『・・・・・。」
『ずーっと、ずーっと此処に毎日居たんだよ?それなのに、』
「悪かった、私が黙って言って去っていけばー・・・」
『そんな事を言ってほしいわけじゃない、何で?僕悪いことした?』
「君は悪くない、わ『僕はサヴァンに嫌われたって諦めないよ?』
『例えどこかに行ったって絶対にサヴァンは戻ってくるもん。』
「何故そこまで言い切れるのだね・・・?」


まさか私が気になって帰ってきたなんて口がさけてもいえない。
今だって彼のことは好きだ。
口に出して言いたくはないが、そんな自ら恥さらしなど、、、
本当は会いたかった。
自分から振ってやっぱ会いたいなどただの我侭すぎる。


『だって今、ここにいるでしょ?僕がいると思って。』
「別にいると思ってたとは限らないと思うがね?」
『またまたーサヴァン嘘ついちゃって。僕にはお見通しだよ?』
「・・・・・。」
『本当は会いたかったんでしょ?こうやってぎゅーってしたかったんでしょ?』
「っ・・・・・」
『ほら否定できないじゃん、こうやっていきなりぎゅーしたのに離れない。』
「・・・・ずっと一緒にいれるのかと思ったのだよ、」
『・・・?いれるでしょう?』
「いつまでも幸せが続いてるとは限らない。いつか君がいなくなる、そんなことを考えたら」
『だったら今のうちにいないと思い込んでしまおうとか思ったの?』
「嗚呼。だかそれは私には無理なようだ。」
『サヴァンから片時も離れないであげるよ、どんなときも一緒。』


だから泣かないで、僕はいつでもいるから
僕はいつだってサヴァンといる。
僕だって離れたくないから、ずっといつまでもいたいから。
ま、サヴァンは強がりだから泣かないだろうけど、
きっと僕には見えないところで泣いてるんだ。


『見えないところで泣かないようにずーっとくっついていようかな!』
「・・・・それは困るね、私だって一人になりたいときがある。」
『大丈夫その時は邪魔しない!絶対に黙ってる!』
「君に出来るのかね・・・・・。」
『出来るよー!やれば僕出来る子だよ?』
「あーよしよし、君は出来る子だ、」
『え、なにそれ?今更褒めるの?すっごい遅いと思うんだけど』


いつまでも私達はいるのだろうか

いつまでも僕達はいる。



片時も離れず




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。